高齢者の自動車保険保険料を値上げへ

損害保険会社各社が、高齢者の自動車保険保険料を値上げするそうです。1

確かに、最近は高齢者の自動車事故のニュースが多いようです。ブレーキとアクセルを踏み間違えたとかいうニュース、良く聞きますよね。

事故を起こす確率が高い人が保険料を払うのは、まあ、自然といえば自然です。そもそも、ブレーキとアクセルを踏み間違える人が車に乗っちゃいけないような気もしますよね。

アクセルとブレーキの踏み間違いなら技術的に解決できる

時々ニュースになるようなアクセルとブレーキの踏み間違いなら、自動車の技術で解決できそうです。安全運転サポート車を使えば、間違えてアクセルを踏んでも自動的に止まってくれます。

もちろん、こうした技術が入った車は、多かれ少なかれ割高でしょう。高齢者がこうした車を選んでくれるのかという問題はありますけどね。

自分の運転を過信して、こうした車を選ばない人だって多いでしょう。あるいは、経済的な理由で、高機能な車は避ける可能性もあります。

なかなか法律で義務付けるのも難しいでしょうしね。

実際にどの程度保険料が増えるのか?

ところで、高齢者の事故は実際にどの程度保険料が増えるのでしょうか?朝日新聞の記事に、値上げの例が紹介されていました。

参考純率を適用したとすると、運転者の無事故年数が短い「10等級」で保険契約(対人、対物無制限、車両保険の保険金額150万円、運転者は家族限定)を結んだ場合、年間10万円の保険料を払っている人は26歳以上30歳未満は3千円程度増え、60歳以上は6千円程度増える見通し。
http://www.asahi.com/business/update/1117/TKY201011170462.html

この記事の感じだと、60歳以上は年間6,000円の値上げということですね。

一ヶ月あたりに直すと500円ということですから、びっくりするほどの値上げという感じでもなさそうです。まあ、それでも、値上げは嫌なものですけどね。

自動車保険の一括見積が役に立ちそうですね

保険会社によって対応がまちまちということは、どの保険会社を選ぶかで保険料が安くなったり高くなったりするという事ですよね。こういうケースでは、自動車保険の一括見積が役に立つでしょう。一度の手続きで保険料の比較ができますからね。

また、年齢が高い人は保険の契約を断られる危険もあります。保険に入れるかどうかをチェックするという意味でも、保険料の一括見積は使えそうです。


自動車保険のニュースと余談
  1. 高齢者の自動車保険料値上げへ 損保大手、事故多発で割高にhttp://www.sankeibiz.jp/business/news/101118/bse1011181045006-n1.htm []

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。